医療大麻×仮想通貨 マリファナコインの育て方

医療大麻と仮想通貨をテーマにした投資情報ブログです。2兆5000億円市場へまっしぐらの医療大麻と、未だ未知数の仮想通貨が出会い、今何が起きていて、これからどうなっていくのかを投資の観点から追い続けます。

paragonの対抗馬となるか! BudboプロジェクトがICO!

Budboとは?

 

ひと言で言うと、医療大麻ブロックチェーンアプリ。

 

でも、ひと言ではまったくわからないのがparagonしかり、ここで紹介するBudboしかり。

 

f:id:marijuanacryptocoin:20180113211325p:plain

 

 

イメージできても、最大の疑問は“業界の中の人達が望んでいるのか?”っていう部分です。

 

この辺の実際のニーズっていうのはネットを探したところで出てくるわけではなく、現地に行って実際に販売所の方や生産者に取材をする必要があると思います。

 

今の状況って、

 
medical-marijuana-cryptocurrency.hatenablog.com

 

医療大麻&嗜好大麻販売所の口座を銀行が作ってくれな

現金を保管しなければいけない

危ないからどうにかしたい

そうだ! 仮想通貨にしちゃえばいいじゃん!

 

というノリなんですけど、市場が大きく成長していけば銀行も緩和措置を取ると思われ。

 

それに、北米の流れはマリファナ完全合法化ですから、それを考えると“いま必要とされている技術”であることは間違いありませんが、“未来をつくる技術”とまでは言えないかも? と思ってしまいます。

 

Budboが提供するソリューションは、主に以下のことが語られます。

 

GPS

リアルタイムで、自分のハッパがどこにあって、どのルートで自宅まで届けるのかを確認することができちゃう!

 

・正確な記帳

ブロックチェーンの最大の利点である台帳技術が活用される! 種の購入、設備投資、生産、収穫、品質管理、流通、小売など、すべての取引を性格な承認をもってオンラインで行うことができまっせ!

 

・分析

流通に関わるすべての情報が正しい情報で記述されますから、分析することでより正確なビジネス判断をすることができる! 儲かっちゃうね!

 

・すべての情報はクラウド上に

 管理が楽になります。

 

と、こんな感じなんですけど、Budboアプリケーションをイーサリアム上で動かすことで、マリファナ産業に関わる人たちにとってどんな利益があるのかってのが、これだといまいちわかりづらい。

 

わかりづらいってことは、これ投資対象としては判断しづらい。ってことは、お金が集まらないよね…。

 

ってことになりそうですが、ICOを目前にしているBudbo。プレセールではかなり人気を博していて、20,000,000コイン売り出し中。だいたい7割くらいが売れちゃってるみたいです(笑)。残り一ヶ月を切っています。

 

プレセール売り出し価格は1BUBO=ドル0.20

 

 

Budboのここがスゴイ

 

と、ここまであまり前向きになれないBudboですが、実はそんなこともありません。

 

調べてみると、むしろ、これまでたくさん出てきたマリファナ関連草コインの中では、いちばんまともなんじゃないかとすら思ってきました。

 

と言うのも、実はBundoはすでにAndroidiOSで2016年からスマホアプリを提供しているんですよね。

 

これは、ユーザーがアプリ上で簡単に好きなマリファナの銘柄、販売所を検索できるというものなので、ブロックチェーンとは関係ありませんが、実際のプロダクトがあるっていうことはひとつの判断材料になりますね。

 

これを改造してBudbo2.0にアップデートするわけですし。

 

2016年にローンチされたこのアプリサービスは、すでに75000人のユーザーと2000の医療大麻販売所が登録しているので、スタートダッシュはいけそうな気がします。

 

今後のロードマップを見ると、

 

・2018年1月

トークンセール開始。

 

・2018年2月

Budbo2.0開発開始

 

・2018年3月

Budboリリース

 

となっています。

 

3月……芽が出るか……。

 

 

Budboのここがヤバイ

 

これといって「ヤバイ!」ところが見つからないBudbo

 

と言うのも、ネット上にほとんど情報がありません。英語のページもです。日本語のページは片手で数えるほど(笑)。

 

これってヤバイですよね。

 

BudboICOページくらいしか情報がありません(笑)。

 

もちろん、すでにアプリでサービスを提供している実績のある会社だということはわかっていても、こうも情報がないとなると二の足を踏んでしまいます。

 

あと、忘れてはいけないのはこうしたマリファナビジネス全体を下で支えるようなプラットフォームを提供しようとしているのはBudboだけではないということ。

 

paragonもそうですし、ほかにもカナダの上場企業であるLiberty Leaf Holdings Ltd.は、Blox Labs Inc.と提携し、同様のプラットフォームである「CannaBlox」の開発を行っています。

dcebrief.com

 

あとは誰でも知っているIBM

 

彼らもブロックチェーン技術をマリファナ産業にどう生かせるか分析し、カナダ政府に「ブロックチェーン使うとすべての取引を透明化できまっせ」と報告しているようです。税金の取りっぱぐれが無くなりそうですね。

 

2兆円を超える市場になると言われているマリファナ市場ですから、ビッグカンパニーですら虎視眈々とビジネスチャンスを狙っているようです。

 

ちなみに、ブロックチェーンではありませんが、マリファナ研究に用いられる最新機器は島津製作所が提供しているそうで、機器の精度ももちろんですが、アフターサービスがヤバイとかなり知名度を上げているようです。

 

ビッグカンパニーの資本力を持ってすれば、ICOなどそもそもする必要もありませんし、技術は社内にありますから、あとはエンジニアリングと政治をするだけです。

 

仮想通貨は確かにブームですから、Budboparagonのようなスタートアップに資金が流入してくるのは理解できますが、技術面や資本力を考えれば、ビッグカンパニーが本格的に参入してきたら、はたして対抗することはできるのかな……。

 

 

超個人的な投資判断(2018年1月5日時点)

※投資判断とするのはおすすめしません。かなりバイアスがかかっています(笑)。

 

絶賛プレセール中のBudboのBUBOコイン。

 

残り23日で20,000,000コインのうち73%程度売れているので、人気なのかな…。

 

なかなか有益な情報が見つからない企業なのでなんともいい難いですが、Budbo1.0があるということ、75000人のユーザーと2000の販売所を抱えるサービスだということ、現時点でのプレセールの売れ行き、他のマリファナコインの上がり方などを見ていると、プレセールで買っちゃうのはなしではないかなと思っています。

 

ただ、恐らくparagon同様、流動性が低くなると思われるので、長期のガチホが一番いいのかなというとことです。5年持ってたら夢を見れそうな気がします。