医療大麻×仮想通貨 マリファナコインの育て方

医療大麻と仮想通貨をテーマにした投資情報ブログです。3兆円市場へまっしぐらの医療大麻と、未だ未知数の仮想通貨が出会い、今何が起きていて、これからどうなっていくのかを投資の観点から追い続けます。

ピースなGanja Coin(ガンジャコイン )

f:id:marijuanacryptocoin:20180114112735j:plain

 

 

GanjaCoinMRJA)とは?

 

情報が少ないコインなので、これに投資するのはかなりギャンブルかと思います(笑)。

 

以下、基本情報です!

 

=================================

 

【Ganja Coin】

 

時価総額    :約9700万円

時価総額ランク :1013位

流通量     :約4百45万枚(これ以上増えない)

アルゴリズム  :Scrypt (PoW/PoS)

年齢(ICOから):3年3ヶ月

 

【取引所&取引通貨ペア】

●CoinsMarkets     MRJA/BTC

 

 

【52週間の底値と高値】

$0.0018696 - $1.34251

 

 

=================================

 

 

ビットコインフォーラムに過去のスレッドが一部残っているので、2014年10月から追ってみました。↓このリンクから掲示板を見られます。

 

bitcointalk.org

 

どうやら4度ほど事業継承しているようですが……

 

2014年~2016年までの間に2回事業継承しているのですが、この2年間の実績はなにもありません(笑)。

 

開発者がドロンして、新しい匿名の誰かに事業継承しています。

 

2014年にICOをして、開発者がドロン。

 

次の開発者に継承されるもドロン。

 

そして、次の開発者に継承され2016年に二度目のICOをしますが(ちなみにプロダクトなし、ホワイトペーパーなし)、この時点で過去のGanjaCoinは「死んだ」と新しい開発者が発言し、初期GanjaCoinと2016年10月からのGanjaCoinを区別します。

 

この2016年のICOで開発者は100万程度集め、ドロン

 

見事に三度目の死を迎えます。

 

ここまでは順調に“THE詐欺コイン”ですね(笑)。

 

そして、懲りずに2017年2月に、また匿名の誰かが個人的なプロジェクトとしてハードフォークします(現、GanjaCoin 開発者ganjaman)。

 

不思議なのは、ここまでの経緯を追うと明らかに詐欺なのに、「なぜずっとコインだけは残っているのか?」ということです。

 

これは恐らく、マリファナコミュニティの強さゆえのような気がします。

 

マリファナとブロックチェーン技術を使えば、マリファナ市場にイノベーションが起こせるんじゃないか?

 

マリファナ吸いながらそれができるのなら、そんなハッピーなことはないじゃないか!

 

というぶっ飛んだ団結力みたいなのがコミュニティにあって、医療大麻仮想通貨同士の同盟「420同盟」というものまであります。

 

医療大麻仮想通貨コミュニティ発展のためには、ポジティブに努力をいとわない人たちが多い印象です。

 

なので、詐欺開発者がドロンしちゃっても、また新しい誰かがでてくる。

 

2016年までのGanjaCoinの開発者は詐欺師でしたが、現開発者のganjamanは掲示板で活発に議論しています。

 

開発チームは開発者と医療大麻の生産者です。

 

GanjaCoinの目指すところは、医療大麻の販売所を作ること。

 

そして、医療大麻の大きな生産施設を作ることのようです。

 

ビットコインやビットコインキャッシュ、イーサリアムなどのビッグプロジェクトではないですし、資本もありません。個人的なプロジェクトです。

 

しかし、それは意図してやっているようで、ビッグカンパニーも大資本家も入れないのはコントロールされたくないからだとのこと。

 

「いやいや、そもそも医療大麻仮想通貨にお金なんて集まらないでしょ」

 

と思っっている方はこちらの記事をどうぞ。

 

www.marijuana-cryptocurrency.com

 

お金はちゃんと集まるのが医療大麻×仮想通貨。

 

GanjaCoinコミュニティはまだまだ小さいコミュですが、とってもピース。

 

「仮想通貨は、開発者がいなくなっても、コミュニティが盛り上がってれば潰れない」

 

そんな感じのコインです。

 

 

GanjaCoinのここがスゴイ

開発者が匿名。コミュニティが温かい。VIP投資家になると、VIP専用のオンラインショップでお得に医療大麻の種が手に入るようです。

 

日本人には関係ないですね今のところ。

 

 

 GanjaCoinのここがヤバイ

匿名なところ。VIPショップの中はもちろん公開されていませんが、掲示板からさっするにかなりお得みたいです。マリファナが(笑)。

 

開発チームには医療大麻の生産者もいるので、自前のものをVIPショップでは投資家にお得に配分してるのかな。配当金の変わりみたいなものですね。

 

なんで、日本人でVIPのために投資するのはアウトってことなのかな違法だし。

 

 

超個人的な投資判断(2018年1月14日時点)

投資判断とするのはおすすめしません。かなりバイアスがかかっています(笑)。

 

ビットコインとかイーサとかビットコインキャッシュとかリップルとか、ビッグプロジェクトばかりに投資している人にとっては、このGanjaCoinに魅力は一切ないかもしれません。

 

開発者が何度も変わるなど、紆余曲折あってここまでやってきましたが、いまのGanjaCoinコミュニティはなんだか温かくて、掲示板を見ているだけでも応援したくなります。

 

もちろん、また開発者がドロンするかもしれません(匿名ですし)。

 

あと、情報は99%英語でしかないので、英文が理解できない人は手を出さないほうがいいでしょう。僕も完璧ではありません。

 

掲示板で常に最新情報を追える人でないと事故る可能性が大いにあると思います。

 

それでも気になる不思議なコイン(笑)。

 

投資はしないけど、これからもチェケラしていこうと思っています。

 

仮想通貨はコミュニティが大事!