医療大麻×仮想通貨 マリファナコインの育て方

医療大麻と仮想通貨をテーマにした投資情報ブログです。2兆5000億円市場へまっしぐらの医療大麻と、未だ未知数の仮想通貨が出会い、今何が起きていて、これからどうなっていくのかを投資の観点から追い続けます。

Coincheckが580億円相当のNEMを盗まれちゃったけど関係ない

医療大麻仮想通貨の未来に影響するかといえばたぶんしませんが、コインチェック下手こいた〜!!

 

じゃないと思うんですよね。

 

悪いのはハッカーですからねぇ。

 

これをキッカケとして、投資家の保護、税制、ICO規制、取引所の許認可等の見直しがされるようになれば、安定した相場になる気がするんですけどねぇ将来的に。

 

てか、コインチェックってそもそもまだ審査中の身ですよね。。。

 

どうなることやら。

 

で、「助かった〜!」


 

って人たちは、今後の対応をどうするかをきちんと考えたほうがいいですよね。 

 

ちなみに僕はちょうど2週間前にハードウォレットに入れておいたのでスルー。買い場ですね。

 

ハードウォレットはずっと買おうかどうか迷ってたんですけど、長期ホールドですし、合理的に考えれば購入の一択だと思ったので、これ買いました。

 

 

ご自身が持っている通貨によっては良し悪しがあると思うので、ググってみるといいかもしれません!

 

購入するときは、公式HPや正規代理店からの購入を強く推奨します。

 

ちなみに、ICO用にイーサリアムを置いてるのはMyetherwallet(オンラインウォレットもたくさんありますが、ここでは省きます)です。

 

http://myetherwallet

 

日本の取引所→マイイーサ等のオンラインウォレット→各ICO

 

という流れです。

 

日本の取引所→ICO

 

への直接の送金はできません。

 

自己責任での自己管理になりますから、それだけ管理に注意を払うようになるので、結果、ハッキングリスクをヘッジできると思います。

 

ハードウォレットなら、“家”とか“金庫”とか、リアルの場に置いておくので、必然的に今回のコインチェックのようなオンラインでのハッキングリスクはヘッジできます。

 

もちろん、物理的に保管する以上、デバイス本体を盗まれてしまったり、無くしてしまったりする新たなリスクは生まれますが、復元可能です。あ、盗まれちゃったらアレですが…。

 

まぁ、どちらがよいかは、人それぞれですね。

 

日々、トレードを繰り返す人にとってはハードウォレットなんてそもそも使えませんしね。

 

長期ホールドの人は、ハードウォレット一択かなと。

 

送金も面倒じゃないですからね、実際。送ろうと思ったらすぐ送ることができます。

 

あ、公式サイトや正気代理店ではないお店から買うと…すでにハックされたハードウォレットが届き、仮想通貨を入れた瞬間に取られちゃうこともあるのでご用心。

 

仮想通貨コワッ!!!

 

って声が聞こえてきますけど、法定通貨も盗まれるなんてこと日常茶飯事ですよね??? 

 

カツアゲとか??笑

 

「日本円を仮想通貨にしておいてよかったー!  」

 

とか思うんでしょうかね、カツアゲされたら。

 

あー。

 

なんか、価値観が変わる時代に生きられてなんて幸せなんでしょう…。

 

ところで、コインチェックはどこが買いますかね? 

 

580億プラス、他の通貨どうするかとかあるから、難しいのかな…。

  

30代半ばのゆとりカブリの僕の世代にとって、たぶんはじめてであろうエキサイティングな時代が、まさかこんなにカオスだったなんて!

 

スリリングな時代は楽しい。。。