医療大麻×ブロックチェーン マリファナコインの育て方

マリファナをテーマにしたブログです。3兆円市場へまっしぐらの医療大麻と、未だ未知数のブロックチェーンが出会い、今何が起きていて、これからどうなっていくのかを追い続けます。

CBDを理解する

大麻

大麻の樹脂腺は、総体的な健康やウェルネスをもたらすなど、医薬的価値のある特殊な分子を含有していることが分かっています。

 

カンナビノイドやテルペン類と呼ばれるこれらの化学物質は、非常に小さい毛状突起の中で、この植物の成長過程の最後の開花期に生成されます。

 

ひとつの大麻の品種は、多くて200もの異なるテルペン類を持ち、113もの多様なカンナビノイドを有することがあります。これらの医薬的効果のある分子は、全身性炎症や慢性的な痛み、そして憂鬱さや不安、いくつかの精神病などの精神状態に苦しむ広範囲の患者たちに、幅広い効能をもたらすことが分かっています。

 

大麻(そして抽出物や食用品、濃縮液も含む)に含まれるカンナビノイドの種類は、メジャーとマイナーの大きくふたつのカテゴリーにわけられます。

 

最もよく知られているふたつのメジャーのカンナビノイドは、テトラヒドロカンナビノイド(THC)とカンナビジオール(CBD)です。他にはカンナビゲロール(CBG)やカンナビクロメン(CBC)、カンナビジバリン(CBDV)のようなカンナビノイドもあります。

 

〈CBDとは?〉

CBDは、大麻特有の化学成分です。THCと比較すると、良性の向精神の効果があります(特に鎮静効果や、心配を軽減させる効果)

 

これは、患者や消費者にとっては大切なポイントです。多くの人々がTHCがたまに精神状態を変化させること(バッド・トリップ)に我慢できない中、CBDには、その不名誉な大麻の悪影響は一切ありません。

 

学校の教師、パイロット、バスの運転手、そしてすべての子どもたちは、ハイになったり朦朧としたりする状態になるリスクなしで、安心してCBDを消費できます。

 

CBDは、人間の体の外で植物によって生成された分子の中でも特に少ない、血液脳関門を容易く通過できる分子です。その分子が人間の体内に残る時間は比較的長く、静脈内投与の場合は18〜33時間、長期経口投与(一日に700ミリグラムまで)の場合2〜5日です。経口投与の場合、その生物学的利用率の低さを補うために、多量のCBDの服用が必要でです。

 

 【嬉しい安価! レビューで“CBDガム”ももらえます】

 

 

〈研究の数々〉

 2018年4月にインベスティゲート・オウトウラリンゴロジー誌によって発行された、『耳鼻咽喉の患者における、治療用大麻とエンドカンナビノイド信号システム変調器の使用』という論文が、CBD分子が人間に消費されると、「鎮痛、抗けいれん、抗不安、抗精神病、そして鎮静の効果」があることを明らかにしました。

 

それに加えてその論文は、一部の患者にはCBDにはTHCの潜在的な副作用である偏執病、パニック障害、そして全般的な不安などを軽減する、「精神安定と抗精神病の効果」が、特に新規使用者に見込まれることも明らかにしました。

 

2000年8月に、米国科学アカデミー紀要が発行した『向精神性のない大麻の成分、カンナビジオールは、コラーゲン誘導関節炎の経口の抗関節炎の治療法である』という論文は、CBDはその免疫抑制性と抗炎症性をもって、「強力な抗関節炎の効果」があることを発見しました。

 

これは、アメリカ国内だけでも5000万人以上の大人と30万人以上の子どもを苦しめる、関節炎に伴う痛みと炎症の治療に効果的だということを意味します。

  

カンナビノイドは、大麻の中で生成される、特別な薬効のある分子です。テトラヒドロカンナビノールという、向精神性を持つ悪名高い仲間とともに、(インディカ種かサティバ種のどちらからでも採取された)CBDを含有する製品は、北アメリカの店頭に並び始めています。

 

CBDは患者や消費者に多様な健康面のメリットをもたらし、それは抗不安の効果や全身性炎症の改善を含みます(これらは関節炎や、癌、クローン病、線維筋痛症などを含む多くの病気の根源)。

 

CBDは成人のてんかんやドラベ症候群(幼少期に発症する小児期の深刻なてんかん)の発作を軽減したり、なくしたりすることも分かっています(CBDのみよりも、THCとともにCBDを服用した場合のほうが、多くのてんかん患者が発作の軽減を経験し、より高い効果を実感していることに留意するべき)。

 

最近、医療大麻の知識を持つ何人かの高名な研究者や医者たちが、CBDが向精神性が全くないカンナビノイドであるという、世間の認識に反論しはじめました。

 

THCと比較すると向精神性がかなり低いのは確かですが、最新の研究は、CBDが人間の体内でどう作用するのか、もっと具体的に言えば、THCやその他のカンナビノイドの効果にどう影響を及ぼすのかに関する、微妙で複雑な性質を明らかにしました。

 

〈深掘り〉

 

CBDやTHCのようなカンナビノイドは、エンドカンナビノイド・システム(ECS)と呼ばれる、ミクロな細胞受容体のネットワークを介して人体に作用します。

 

ECSは人間だけでなく、一般的な愛玩動物の犬や猫、そしてハムスターまでもを含む、すべての哺乳類が持っています。そしてECSは、気分、食欲、代謝、睡眠、そして免疫力といった体の重要なシステムに直接的に関わっているのです。

 

患者や大麻使用者であれば、哺乳類のECSの基礎的なメカニズムのいくつかを理解できているほうが、CBDのような「向精神性のない」カンナビノイドと、一般的な向精神性を持つTHCのデリケートな関係性をより良く理解できます。

 

科学者たちは、CBDの分子が細胞受容体と結びつく、または「ドッキング」する特有の性質を確認しています。ECSは、CB1とCB2という2種類の主な細胞受容体で構成されています。

 

THCは、脳内と中枢神経系のあらゆる場所に配置されているCB1と結びつきます。以前までは、CBDは免疫系の器官や組織の中にあるECSのCB2受容体のみと結びつくのだと信じられていました。しかし最近の研究で、実際はCBDはCB1受容体とも結びつくことが明らかになっています。

 

つまり、ひとつの細胞につきひとつのドッキング部位(結合受容体)しかないところでは、THCとCBDの分子は、その特定のCB1受容体との結合の優先権をめぐって争いが起きてしまいます。

 

しかし科学者たちは、細胞内のひとつのCB1受容体は、最低でもふたつのドッキング部位を有し、それによりひとつの受容体は、ふたつかそれ以上のカンナビノイド分子を受け入れることができると明らかにしました。

 

CBDの分子がCB1受容体と結合することは、「アロステリック調整」と呼ばれ、これは2005年に発見されたばかりのことです。

 

プロジェクトCBDによると、2015年になってやっと、科学者たちはこの知識を利用して、CBDは「THCと内因性カンナビノイドのCB1を刺激する能力の上限を下げる」という事実を明らかにしました。

 

この結果、CBDはTHCに緩衝効果をもたらし、THCの効力を低下させ、(特に、特定のサティバ種によって)パニック障害や極端な不安に陥りやすい患者や消費者を助けます。

 

CBDのようなアロステリックな分子は、オーソステリックと呼ばれる結合や変化をする、THCのような分子と連携して作用します。CBDのようなアロステリックな分子は一般的に、THCかその他のオーソステリックなカンナビジオイドが結合部にいるときのみ、受容体の変調を変え、その結果、その患者への有効度も変えることができます。

 

プロジェクトCBDによると、「すべての大麻からできている治療薬において、CBDのアロステリック・モジュレーターとしての効力を発揮させるためには、THCの共存が必要」です。

 

<結論>

やっぱりTHCは必要!

 

【高いのにはわけがある。

マリファナ合法化の最前線、アメリカ産の

高品質CBDオイル】